塗装のながれ

お問い合わせから塗装までの
基本的なながれをご紹介します。
ご要望に合わせて施工させていただきますので、
お気軽にご相談ください。

お問い合わせから施工まで

1お問い合わせ

LINE見積もり・お電話・申込フォームよりお問い合わせください。

2現地調査

調査員がお家の状態の確認にお伺いいたします。ご要望があればドローンでの屋根の状態の調査もいたします。

3お見積書提出

御見積書・調査資料・カラーシミュレーションなどを提出いたします。カラーシュミレーションは何度でも配色変更可能です。

4ご成約

ご納得いただけましたら、ご成約になります。ご成約されてからもご質問があれば何でもご相談ください。

5塗装・施工開始

足場設置からの施工になります。

塗装のながれ

足場設置工事

丁寧な仕事を容易にするクサビ式足場を設置します。足場には種類がありますが、足場によって職人の仕事の仕方、安全性も変わってきます。常に落ちないようバランスを取らなければならない「単管足場」ではなく、「クサビ式足場」で施工をします。

外壁・屋根の高圧洗浄

高圧洗浄機という専用の洗浄機を使って外壁や屋根を洗浄していきます。洗浄で落とすものは、汚れ・劣化した塗料の粉・苔・カビなどです。ただ洗うだけではなく、洗浄しながら外壁・屋根の劣化具合も直接確認していきます。

養生

「養生」とは塗料がついてはいけない場所にビニールなどで、覆ってしまい塗料が付かないように保護することです。養生は仕上がりにも影響を与える重要な作業になります。植物・タイル・自転車・車などにも必要に応じては養生を行います。※室外機には室外機カバーを使用しますので、通常通りエアコンをご使用いただけます。

下地調整・下地処理

ヒビ割れたシーリングの補修・鉄部の錆撤去(ケレン)・膨張、ひび割れ、剥がれ部分の撤去します。下地作業の出来次第で仕上がりに大いに影響します。この作業を怠れば後に不具合(塗装の剥がれ等)の誘発にも関わり耐久性に大きな差が出ることになります。

下塗り

下塗りの役目は中塗り・上塗り塗料をしっかりと定着させることです。外壁、屋根の材質に合わせた下塗り材を使用します。種類はフィラー・シーラー・プライマーの3種類があります。

中塗り

中塗りとは、下塗りの次に行う塗装工程です。外壁の色決めの際に選んだ色の塗料を使い、色塗り1回目というとわかりやすいかもしれません。ただし、色塗りは1回の塗布ではムラなどの塗り残しが出てきますので、色塗り2回目の上塗りへと続いて行きます。

上塗り

上塗りとは、中塗り後の仕上げ工程です。2段階で色つき工程を行うことで、塗膜に十分な厚みを持たせることができます。最終工程の仕上げ塗りですので、丁寧に塗布し、美しい仕上げ塗りの技術を問われる工程になります。

雨樋・雨戸等、付帯部塗装

雨樋、雨戸、破風、鼻隠し、基礎等付帯部分の塗装。付帯部は、素材が木製や鉄製、塩化ビニール製など様々ですが、塗装することで家の寿命を延ばすことにつながります。付帯部の劣化で塗料が剥がれて腐食するなど、放っておくと建物内部に悪影響をもたらすことがあります。
外壁・屋根塗装だけではなくて、付帯部の塗装もすることが重要です。

点検・確認作業

養生を細かくしても、入念に作業していても、塗料がはみだしていたり、飛び散り・塗り残しはどうしても出てきます。最終点検でシンナーで細かく掃除をしたり、塗り残しの部分のタッチアップを行います。

足場解体工事

足場が組まれていると、洗濯や空気の入れ替えも出来ず窮屈感を感じさせてしまいますが、足場が解体されると、美しく生まれ変わった家にワクワクしていただけると思います。

ご協力いただいています!

応援しています!